巨人 9回2点差はね返し逆転勝ち 村田が2死からV打

[ 2014年5月21日 21:51 ]

<西・巨>9回2死満塁 村田の打球を追う木村(左)と浅村が交錯。捕球できず逆転の適時打になる

交流戦 巨人4―3西武

(5月21日 西武D)
 巨人が9回に2点差をはね返し逆転勝ちした。

 1―3の9回、5番手の増田を攻めて1死から坂本が左前打、セペダと阿部への四球で2死満塁とすると、村田が右中間へ浅い飛球。これを二塁・浅村が背走しながら捕球したかに見えたが、右翼の木村と交錯してグラブからボールがこぼれた。走者一掃の適時打となり、逆転に成功した。

 このプレーで木村が左膝を負傷し担架で退場した。

 1点を勝ち越した巨人は9回からマシソンを投入。2死三塁のピンチを招いたものの無失点に抑えリードを守り切った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月21日のニュース