T―岡田 先制打&本塁打!勢い止まらぬオリックス

[ 2014年4月30日 19:33 ]

セ・リーグ オリックス―ソフトバンク

(4月30日 東京D)
 29日に14年ぶりに貯金10に到達したオリックスの勢いは止まらない。

 初回、ソフトバンク・寺原から2死二、三塁の得点機をつくると、5番のT-岡田が外角低めのフォークを左前に落とす先制適時打。一気にホーム生還を狙った二塁走者の糸井は、本塁で鶴岡と激突してタッチアウトとなったが、先発の井川を援護する先制点をたたき出した。

 5試合連続安打となったT-岡田は「井川さんのためにも先制点がほしいと思っていました。追い込まれていたんですが、うまく反応することができましたし、タイムリーになってくれてよかったです」と喜んだ。

 T-岡田は、1―1と同点の4回に中堅右のスタンドに飛び込むソロ本塁打を放ち、再度リード。さらに鉄平の右越え2点本塁打も飛び出し、チームは17年ぶりの貯金11へ大きく前進した。、

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月30日のニュース