「引っ張れる時は状態がいい」青木、好調示す右翼線二塁打

[ 2014年4月30日 13:33 ]

ブルージェイズ戦の3回、右翼線二塁打を放つロイヤルズ・青木

ア・リーグ ロイヤルズ10―7ブルージェイズ

(4月29日 ンザスシティー)
 ロイヤルズの青木は3回、先頭で右翼線二塁打を放った。常々「(右方向に)引っ張れる時は比較的、状態がいい」と話しているが、内角の速球を捉えた痛烈な当たりで好調さを示した。

 8回は7―5と逆転し、なおも2死一、二塁のチャンスで中前適時打を放った。今季5打点目を挙げ、連続試合の複数安打も4に伸ばした。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月30日のニュース