亜大 完封男討ち先勝 桝沢リーグ戦初本塁打

[ 2014年4月30日 05:30 ]

東都大学野球第4週第1日 亜大5―4駒大

(4月29日 神宮)
 1回戦2試合が行われた。6連覇を目指す亜大は2回に桝沢怜外野手(3年)がソロ本塁打を放つなど、4戦連続完封のリーグ記録に挑んだ駒大の今永昇太投手(3年)を攻略。9回に逆転して先勝した。拓大は中大に5―2で勝利。敗れた中大は不調のエース島袋洋奨投手(4年)が中継ぎで3週間ぶりに登板し、2回を無失点に抑えた。

 亜大が今永討ちで首位攻防戦に先勝した。2回に桝沢がリーグ戦初本塁打となる左越えソロを放ち、完封記録を阻止。「ボール球に手を出さないよう意識した。甘く入った球をフルスイングできた」と喜んだ。チームは今永対策として「球数を投げさせよう」と徹底して粘り、8回までに148球を投げさせて引きずり降ろした。そして1点を追う9回の逆転劇につながり、生田勉監督は「作戦通りにいけた」と選手を称えた。

 ▼亜大・嘉陽(8回途中から救援し、1回1/3を完全でリーグ戦初勝利)抑えようという気持ちだけで精いっぱい投げた。初勝利は実感がわかない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月30日のニュース