ヤクルト 野口 2年ぶりスタメン 第1打席で初安打

[ 2014年4月30日 19:25 ]

セ・リーグ ヤクルト―巨人

(4月30日 東京D)
 ヤクルトは30日、巨人戦(東京ドーム)で15年目の野口を「8番・中堅」で今季初めてスタメン起用した。

 相手先発が左腕のセドンのため、川端以外右打者を8人並べた。野口は2年ぶりのスタメン。小川監督は、野口の起用について「彼はもろい面もあるが、ドカーンというのもある。結果を出してくれてチームのいいものにつながってくれれば」と起爆剤となることを期待した。

 「勝つために全力でやるだけ」と話していた野口は、2回の第1打席でセドンのチェンジアップを左前へ運び、今季初安打をマークした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月30日のニュース