菅野 教訓5勝 9回2死から逆転被弾「一球の恐ろしさ感じた」

[ 2014年4月30日 05:30 ]

<巨・ヤ>9回1死二、三塁、村田のサヨナラ打にバンザイしながらベンチを飛び出す菅野(左端)

セ・リーグ 巨人5-4ヤクルト

(4月29日 東京D)
 巨人・菅野が一球の怖さをあらためて痛感した。2点リードの9回2死一、二塁。畠山に2ボール2ストライクから投じたフォークは落ちきらなかった。勝利目前で痛恨の逆転3ラン。「一瞬、頭が真っ白になった」。体を折り曲げ、しばらく動くことができなかった。

 「悔しいという感情と違って、情けない。あと一歩、あと一球。ホームランだけは打たれてはいけないと思ってた。一番、最悪のことが起きた」

 それまでは快投だった。打者が一巡する3回までは全34球中、22球が速球系。力で押すと中盤以降はフォークを増やして、幻惑させた。9回の畠山の打席も「追い込むまでは完璧だった」。3球目に内角を突き、4球目は外角の直球で見逃し。そして最後のフォークは同じ軌道から落とし、空振り三振を狙っていた。

 4試合ぶりとなる中6日での登板に、プロ入り後初の調整法で臨んだ。通常なら登板2日前はブルペン入りするが、投球練習を行わず普段と同じ約70メートル間の遠投を繰り返した。「今回は(ブルペンは)必要ないと思った」。3試合続いた中5日の調整期間中も入らずに、結果を残していた。「投げれば、それだけ疲れもたまる」と疲労を蓄積させない意味もあった。7安打4失点で2試合連続完投。悔しさも残る試合で、新しい引き出しも増やした。

 今季2度目の登板でヤクルト相手に勝利。巨人では56年の安原以来、58年ぶりに4月までにリーグ他球団すべてから白星を挙げた。無傷のままリーグトップの5勝目。自身初の月間MVPも確実ななか、お立ち台では開口一番「すいませんでした!」と頭を下げた。「あの一球ですべてが変わってしまう。一球の大切さ、恐ろしさを感じた」。今や不動のエース右腕は勝利の中にも教訓を得ていた。

 ▼巨人・原監督(菅野の継投プランは)ないですね。こういう試合でも逆転して勝利投手になれたと、ついている部分を非常に大事にしてもらいたい。(開幕からの1カ月)素晴らしい内容だと思います。ただ、まだできる可能性を持っている選手だと思う。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月30日のニュース