野手転向1年半…西武・木村「学習通り」二盗成功で追加点呼ぶ

[ 2014年4月30日 05:30 ]

<西・日>5回2死ニ塁、渡辺の中前打で木村(中央)が生還

パ・リーグ 西武4-1日本ハム

(4月29日 西武D)
 経験不足は学習すれば補える。投手から野手転向して1年半。西武・木村が試合の流れを決定づける見事な二盗で、それを実証してみせた。

 「いいスタートが切れた。学習通り。盗んで走れるとうれしい」。そう振り返ったのは1点リードの5回だ。2死から四球で歩く。相手バッテリーが最も警戒する中、1番・渡辺の2球目に二盗に成功。直後に渡辺の中前打で生還し、チームの連敗を止める貴重な2点目を足で稼ぎ出した。

 日本ハム・メンドーサとは3月11日のオープン戦(札幌ドーム)でも対戦。だが、2打数無安打に終わり、この日の第1打席も二塁打だった。対メンドーサで一塁に出るのは初めての機会だったが「ビデオで研究してた。けん制が速いイメージはないので、リードを大きめに取った」。あとは50メートル5秒7の「自分の足を信じて」価値ある二盗を成功させた。

 12年途中に野手に転向したが、昨年まで盗塁はゼロ。それが今季はリーグ4位の7個だ。身体能力の高さには定評あるが、盗塁はスタートのタイミングや決断力など経験がモノをいう。伊原監督は「木村の足が相手バッテリーに勝ってると判断してサインを出した」と説明。勝っていたのは、木村の走力&学習力だった。

 ▼西武・河田守備走塁・外野コーチ 木村はスタートより走りだしてからのスピードが速い。(オリックス)糸井タイプだね。自信もつけてる。自信がつくとスタートの判断とかも的確になってくるので楽しみですよ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月30日のニュース