賢介 腰に張り 指揮官「深刻ではない」

[ 2014年2月27日 05:30 ]

 レンジャーズ招待選手の田中は腰の張りを訴え、グラウンドでの練習を取りやめた。

 24日の紅白戦は控え組の「1番・二塁」で先発出場し、4打数無安打。「きのうの練習中に違和感があった。大事を取った」とアイシングや電気治療を行った。ワシントン監督は「(症状は)深刻ではない」と話し、26日(日本時間27日)以降の練習参加は様子を見て決める。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月27日のニュース