済美・安楽 リベンジだ 浦和学院と3・15練習試合

[ 2014年2月27日 05:30 ]

下半身強化で復活を期す済美の最速157キロ右腕・安楽

 今秋ドラフト候補の安楽智大投手(2年)を擁する済美(愛媛)が、3月15日に同校グラウンドで浦和学院と練習試合を行うことが決まった。

 昨年のセンバツ決勝で1―17と大敗を喫し、自身も6回9失点と打ち込まれた相手だけに、最速157キロ右腕は「楽しみ。勝てたら自信につながる」と闘志を燃やした。昨年9月には右腕の尺骨神経まひで全治1カ月と診断されたが、すでに完治。15日には今年初のブルペン入りも果たしており、浦和学院戦での投球が注目される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月27日のニュース