早大右腕 今季初実戦で150キロ プロスカウトも高評価

[ 2014年2月27日 08:11 ]

紅白戦に登板した早大のエース有原

 今秋ドラフト候補の早大・有原が、西東京市東伏見のグラウンドで行われた紅白戦に登板した。今季初実戦で2回3安打2失点だったが、最速は150キロを計測。

 「いつもより早めに調整してきたので球はいっている」と振り返った。視察した日本ハムの大渕隆アマスカウトディレクターは「今の時期、この球速を出すのはプロでもあまりいない」と高く評価。28日から米ロサンゼルス遠征に参加する最速156キロ右腕は「向こうの打者にどこまで通用するか楽しみ」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2014年2月27日のニュース