川崎 今季初戦は途中出場で無安打「ヒットかホームランを打ちたかった」

[ 2014年2月27日 07:52 ]

オープン戦 ブルージェイズ4―3フィリーズ

(2月27日 クリアウオーター)
 ブルージェイズの川崎は、今春オープン戦初戦となったフィリーズ戦の5回の守備から三塁に入り、6回に空振り三振に倒れて1打数無安打に終わった。

 7回表終了後に降雨コールドゲームとなり、チームは4―3で勝った。

 ▼川崎の話(三塁の守備は)久しぶりだったから、いい緊張感でできた。場数を踏んで慣れていく。(唯一の打席では空振り三振に倒れ)ヒットかホームランを打ちたかった。調子はいいので、打たなきゃいけなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月27日のニュース