ライアン小川に高津コーチ「凄く高いレベルで考えている」

[ 2014年2月1日 19:38 ]

ブルペンで投げ込むヤクルト・小川

 昨季は最多勝と新人王を獲得したヤクルト・小川が早速ブルペンに入った。制球や体の使い方を意識しながら45球を投げ「直球の感じは悪くなかった」と及第点をつけた。

 投球後には新任の高津投手コーチとフォークボールとチェンジアップをどう使い分けているかを話し合い、同コーチを「凄く高いレベルで物事を考えている」とうならせた。2年目にして風格すら漂う右腕は「シーズンが一番大事なので、はやる気持ちを抑えて自分のペースでやりたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月1日のニュース