ヤクルト1位・杉浦 「生命線」真っすぐだけ41球

[ 2014年2月1日 19:54 ]

 ヤクルト・ドラフト1位右腕の杉浦(国学院大)はマイペースを強調した。ブルペンでは真っすぐばかり41球を投げ「直球が生命線。まずは直球でいい感じをつかみたい」と意図を説明した。

 昨季は新人の小川が最多勝に輝き、同じく石山も救援で活躍した。先輩たちとの比較がついて回るが「自分は自分のペースでというのが一番大事。まずは開幕1軍で、ローテーションに入りたい」としっかりした口調で話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月1日のニュース