雄星 背番16に変更も17球「勘違いして1球多かった」

[ 2014年2月1日 17:59 ]

 昨季は左肩痛に苦しんだ西武・菊池が元気な姿をアピールした。「投げられるところを見せたかった」と初日からブルペン入り。捕手を座らせ、カーブも交えて17球を投げた。背番号が17から16に変わり「勘違いして1球多かった」と笑わせた。

 今キャンプは球数を少なくする代わりに、ブルペン入りの回数を増やす方針だ。「疲れて力みがなくなった時の感覚を大事にしたい。焦らずにやっていく」と明るい表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月1日のニュース