オリックス・ヘルマン 二塁手起用も 森脇監督が初言及

[ 2014年2月1日 05:30 ]

笑顔で健闘を誓うペーニャ(左)とヘルマン

 オリックスの森脇監督が新加入のヘルマンについて「サードとセカンドを考えている」と、初めて二塁手構想を明かした。

 新外国人のベタンコートに三塁を守らせる構想もあり「他の選手との兼ね合いで、いろんなケースが出てくる」と準備をさせる方針。この日、宮古島市内で入団会見したヘルマンは「昨年の12月に(ドミニカの)ウインターリーグでセカンドも守っている」と自信を見せた。また、昨年右膝の手術を受けたペーニャは「スクワットで600パウンド(約271キロ)を挙げているし、大丈夫」と驚きの数値を明かし、問題なしを強調した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月1日のニュース