広沢克実氏ら138人に修了証 学生野球の資格回復研修

[ 2014年2月1日 17:19 ]

 プロ野球経験者が高校、大学で指導する資格を短期間で回復できる新研修制度で、アマチュア側の第3回研修会が1日、東京都内で2日間の日程を終え、ヤクルトなどで主軸を務めた広沢克実氏ら138人に修了証が授与された。

 広沢氏は「向上心のある選手のお手伝いができるかなと思う」と話し、巨人などで活躍した駒田徳広氏は「『こうやって打ちなよ』と、その一言が言いたい」と感慨深げだった。

 初年度の最終回となる第4回研修会は7、8日に大阪市で開かれる。今回の受講者と合わせ、3月4日に日本学生野球協会の資格審査委員会で適性審査を受け、資格回復が認められる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月1日のニュース