藤浪 2年目ではや風格 ランニングは最前列

[ 2014年2月1日 11:11 ]

キャンプインし、笑顔の阪神・藤浪(19)。手前は和田監督

 2年目のキャンプインは風格すら漂った。沖縄・宜野座の暖かな日差しの中、阪神の藤浪はサングラス姿で球場入りした。昨年同様、荷物出しをするために選手では真っ先にバスから姿を現すと、ファンから大きな歓声が上がった。

 練習がスタートし、チームで隊列を組んでのランニングが行われた。そこで19歳の長身右腕は最前列に陣取り、声も出した。

 その後は早速、ブルペンに入った。「真っすぐいきます」――。昨年の初日にはなかった捕手を座らせての投球を行い、切れ味鋭い直球に変化球を交えた。昨季新人で10勝を挙げた背番号19は出だしから存在感を示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月1日のニュース