伊原色全開!4時間休む間なし「だらだらやる必要ない」

[ 2014年2月1日 18:53 ]

 西武は初日から伊原色が全開だった。11年ぶりに復帰した伊原監督は「だらだらやる必要はない。無駄を省く」と話した通り、約4時間、ほとんど休む間もない練習スケジュールを組んだ。

 野手は午前、午後と2度のランニングメニューをこなすなど下半身をいじめ抜いた。最初の4日間はフリー打撃を行わずにひたすら体づくりをする方針。指揮官は「地に足を着けて土台をしっかりつくることがテーマ」と説明した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月1日のニュース