ロッテ新社長は西武オーナーの元部下 “倍返し”宣戦布告

[ 2013年12月6日 05:30 ]

来年1月1日から着任するロッテ・山室新社長(左)と今月いっぱいで退任する中村社長

 ロッテは5日、元みずほ銀行の執行役員で、11月から球団顧問に就任した山室晋也氏(53)が来年1月1日付で球団社長に就任すると発表した。

 中村家国社長(68)は今月31日付で退任する。山室新社長は元ラガーマンで立大卒業後、82年に第一勧業銀行(現みずほ銀行)に入行。行内業務監査統括室勤務では西武・後藤高志オーナー(64)の部下であった。ただ、今季西武に10勝14敗と負け越しており「ラグビー部の先輩でもあるが(社長就任を)報告していない。ガチンコ勝負です」と宣戦布告。主催試合の観客動員数も西武の160万人に対し120万人と負けており、来季は営業面でも「倍返し」が目標となる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年12月6日のニュース