松中 年俸半額の3500万円 ピーク時の約14分の1に「開幕スタメン目指す」

[ 2013年12月6日 14:27 ]

<ソフトバンク契約更改>大幅ダウンで契約を更改し厳しい表情の松中

 ソフトバンクの松中信彦内野手(39)が6日、福岡市の球団事務所で契約更改に臨み、今季の半額となる年俸3500万円でサインした。

 09年の5億円から比べると約14分の1の額まで下がった。

 今月26日に40歳になる松中は今季の1軍出場はわずか9試合。打率2割、0本塁打、1打点で6月の交流戦優勝セレモニーに参加しなかった懲罰で出場選手登録を外れて以降、1軍への昇格はなかった。

 セレモニー不参加について松中は「ファンの皆さんに申し訳なく思っている」と謝罪。そのうえで「来年は競争に勝って開幕スタメン出場する」と再起を誓った。

 宮崎での秋季キャンプでは王貞治球団会長ばりの一本足打法で鋭い打球を連発し、復活へと前進している。通算2000安打にも残り237本。かつての三冠王が輝きを取り戻せるか、来季は本当に背水の陣となる。(金額は推定)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年12月6日のニュース