DeNA・菊地 1時間のロング交渉も…理由は契約書の書き違え

[ 2013年12月6日 15:59 ]

 DeNAの菊地和正投手(31)が6日、横浜市内の球団事務所で契約更改し、400万円ダウンの年俸2200万円でサインした。

 交渉は1時間にも及んだが、契約書を「2度書き違えた」ためで、1度目は住所、2度目は日付を間違え、3枚目の書類の準備に手間取ったという。日本ハムを戦力外となりDeNA入りして2年目の今季は24試合に登板して0勝1敗、防御率4・95。来季に向け、期待若手・の国吉らとタイのバンコクで自主トレを予定。「国吉に頑張ってもらわないといけないからね。面倒を見ますよ」。

 また、長田秀一郎投手(33)は現状維持の3600万円で更改した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年12月6日のニュース