DeNA・山崎、遊撃定着に意欲 虎のドラ1に“メラッ”

[ 2013年12月6日 18:12 ]

 DeNAの山崎憲晴内野手(26)が6日、横浜市内の球団事務所で契約更改し、1150万円アップの年俸2150万円でサインした。

 5年目の今季は自己最多の115試合に出場し、打率2割4分9厘。内野の全ポジションを守り、チームに貢献した。「来季は脱ユーティリティー。144試合、ショートで出ることが大事だと思う。バントなど小技もきっちりやって2番打者として機能できれば」と、レギュラー獲りに意欲。

 また、横浜商科大学の後輩・岩貞祐太投手がドラフト1位に阪神入りしたことについて「母校からドラ1が出たことはうれしいけど、同じセ・リーグだし、しっかり勝ちたい」とライバル心も。

 後藤武敏内野手は100万円増の年俸1800万円で更改した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年12月6日のニュース