久保似のDeNA・井納 650万円増まだまだ「知名度上げたい」

[ 2013年12月6日 05:30 ]

契約更改を終えて笑みを浮かべる井納

 DeNAの井納が横浜市内の球団事務所で契約更改交渉を行い、650万円増の年俸1650万円でサインした。

 他の選手から「(FA移籍した)久保に似てるよな」と言われていることを明かし、「来年活躍してお立ち台にいっぱい上がり、僕の知名度を上げたい」と誓った。

 1年目の今季は5勝をマーク。侍ジャパンの台湾遠征にも選出されるなど潜在能力は高いが、横浜スタジアム周辺を歩いても気づかれないなど世間の認知度はまだ低い。顔を売るために、2年目の来季は先発ローテーションでの活躍が求められる。「(久保の加入で)先発が1枠減るかもしれないし、勝たなければいけない。最低でも2桁勝って貯金をつくりたい」。顔が似ていても、当然久保もライバルだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年12月6日のニュース