マー君欲しいヤンキース 新入札制度に地元紙「大打撃となるかも」

[ 2013年12月6日 05:30 ]

今後が注目される楽天の田中

 ニューヨーク・ポスト紙(電子版)は4日付で「新入札制度合意は、田中獲得を狙うヤ軍に大打撃となるかも」と伝えた。

 ヤ軍は来季の球団総年俸をぜいたく税対象外の1億8900万ドル(約193億円)までに抑えたいため、マネーゲームは不利な状況だ。一方で米スポーツ専門局は、ヤ軍がぜいたく税を支払う強気な覚悟で田中を獲る可能性を指摘。1月に結論が出る年俸2750万ドル(約28億円)のロドリゲスが来季全試合出場停止になれば、ロドリゲスの給料を支払う必要がなくなることから「最終的には枠内に予算がおさまる」と報じている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年12月6日のニュース