日本球団の入札額下限選定は自由 新入札制度週明けにも成立へ

[ 2013年12月6日 05:30 ]

取材に応じるNPB・井原事務局長

 日本野球機構(NPB)と大リーグ機構(MLB)側との新しいポスティング・システムの話し合いが、文案の調整など最終段階に入った。

 関係者によると、上限は2000万ドルで、申請を行った日本球団は下限を自由に設定できる。MLB、NPBともに各球団の了承が得られれば週明けにも成立となる。井原敦事務局長は「期間については前のもの(制度)を踏襲することになると思う」と話し、最高入札額球団との交渉期間は30日間となる見込みだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年12月6日のニュース