ロマン 登録抹消 左ふくらはぎ負傷「音が聞こえた」

[ 2013年8月5日 06:00 ]

<ヤ・広>5回、荒木コーチ(左)の肩を借り降板するロマン(中央)

セ・リーグ ヤクルト4-7広島

(8月4日 神宮)
 ヤクルトのオーランド・ロマン投手(34)が4日、左ふくらはぎを負傷し、出場選手登録を抹消されることになった。

 先発した広島16回戦(神宮)の5回の守備で本塁へベースカバーに走った際に同箇所を痛めて降板した。5日にも精密検査を受けるロマンは「(ブチッと)音が聞こえた」と話し、肉離れの可能性が高い。また、ラスティングス・ミレッジ外野手(28)も4回の打席で自打球を左足かかとに当てて5回の守備から交代。都内病院でレントゲン検査を受けたが骨に異常はなく、今後は当日の様子を見て出場を決める。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月5日のニュース