春の王者VS神宮大会の覇者 森監督「敵は我にあり」変えない

[ 2013年8月5日 18:08 ]

対戦が決まり握手する仙台育英高の上林誠知主将と浦和学院高の山根佑太主将
Photo By スポニチ

第95回全国高校野球選手権大会組み合わせ抽選会

(8月5日 フェスティバルホール)
 春夏連覇を狙う浦和学院と、昨年の明治神宮大会を制した仙台育英の試合は、1回戦屈指の好カード。それでも浦和学院の山根主将は「どこが来てもいつも通り戦うだけ」と平常心を強調し、森監督も「敵は我にあり、というスタイルは変わらない」と淡々と話した。

 一方、プロ注目の強打者でもある仙台育英の上林主将は「初戦でとは正直予想してなかった」と率直な感想を口にした。ただ埼玉出身ということもあり、「小さい頃からずっと見てきたチーム。何とかそのチームを倒したい」と闘志をあらわにした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月5日のニュース