修徳 シート打撃で快音 ノーシードからの快進撃“再び”

[ 2013年8月5日 06:00 ]

打撃練習で快音を響かせる修徳・山下

甲子園練習

 <東東京・修徳>シート打撃で快音を響かせ、チーム打率・390でノーシードから勝ち上がった強打を披露した。

 東東京大会で3本塁打を放った飯野主将は、決勝の守備で左手首を痛めてシート打撃を回避したが「治療に専念している。バットを握れないわけじゃない」と前向き。冬場は毎日1500回の振り込みをしてきた。今は右手一本での素振りを続け「自分たちは打撃のチーム。3番打者の自分が打つ」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月5日のニュース