Rソックスが首位守る レンジャーズはア・リーグ西地区2位

[ 2013年8月5日 16:03 ]

 米大リーグは4日、第18週を終了し、ア・リーグ東地区は救援陣の上原、田沢が好調なレッドソックスがこの週5勝2敗で、勝率を6割台に戻して首位を守った。1ゲーム差の2位はレイズで、イチロー、黒田のヤンキースは9・5ゲーム差の4位。

 西地区は2位レンジャーズがダルビッシュの10勝目などで今週6勝し、首位アスレチックスに2・5ゲーム差まで迫った。岩隈のマリナーズは3位。中地区はタイガースが首位をキープした。

 ナ・リーグは、中地区で青木のブルワーズが首位パイレーツから20ゲーム差の最下位。西地区はドジャースが首位、東地区はブレーブスが10連勝中で、2位ナショナルズに12・5ゲーム差をつけて独走している。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月5日のニュース