中井 左膝じん帯損傷で登録抹消 飛球追い強打

[ 2013年8月5日 06:00 ]

険しい表情で病院から戻る中井

セ・リーグ 巨人0-7阪神

(8月4日 東京D)
 巨人の中井大介内野手(23)が、5日に出場選手登録を抹消される。

 4日の阪神戦(東京ドーム)の初回2死一、三塁の場面で、二塁後方への飛球に飛び込んだ際に左膝をグラウンドに強打。2回の守備から交代し、都内の病院で検査を受けた結果、左膝じん帯損傷と診断された。全治は未定だが自力歩行は可能。「僕自身、精いっぱいやった結果。一日でも早く戻れるようにしたい」と話し、原監督は「抹消して様子を見る。10日はかかるでしょうね」と見解を示した。今季は48試合に出場し、打率・324、4本塁打、17打点で定位置奪取も見えていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月5日のニュース