森野 連夜の2発 今季初5連勝 高木監督「勝てば何でもいい」

[ 2013年8月5日 06:00 ]

<D・中>5回1死一塁、森野は2ランを放つ

セ・リーグ 中日12-10DeNA

(8月4日 横浜)
 高木竜に「恐怖の2番打者」が誕生した。左膝痛からルナが復帰したことで「2番・二塁」で先発した森野が前夜に続いて大暴れだ。

 初回に右中間へ9号先制2ランを放つと、5回の第3打席でも右越え10号2ラン。中日では99年ゴメス以来、14年ぶりとなる2試合連続2本塁打を記録し、連夜のヒーローとなった。

 「初回は大島が出て、送りバントという場面で好きに打たせてもらったんで、思い切ってスイングした。あしたは休みだけど、ここで休むのはもったいないね」

 強打の2番に引っ張られるように打線が爆発し、16安打12得点で乱戦を制した。ルナが1カ月ぶりに4番に戻ったことで、2番から8番の谷繁まで一発のある打者が並ぶ超攻撃的オーダーが誕生。DeNAに打ち勝って今季初の5連勝を決め、高木監督も「勝てば何でもいい」とご機嫌だった。

 ▼中日・クラーク(4回無死一、二塁から来日初の3戦連発となる右越え17号3ラン)打ったのは真っすぐ。完ぺきでした。

 ▼中日・ルナ(7月14日の巨人戦以来の出場で5打数1安打)左膝は大丈夫。数週間休めたから状態はいいよ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月5日のニュース