ブラゼル 神戸牛で“全開”V打「関西にはいい思い出がたくさん」

[ 2013年8月5日 06:00 ]

<オ・ロ>3回2死一、二塁、ブラゼルは右中間へ逆転2点二塁打を放つ

パ・リーグ ロッテ7-3オリックス

(8月4日 ほっと神戸)
 阪神時代に4年間暮らした神戸で、ロッテのブラゼルが決勝打を放った。

 3点を追う3回、荻野貴の左越え3号2ランで1点差に詰め寄り、なおも2死一、二塁で右中間を破る逆転2点二塁打。ほっと神戸では、3日も9回に代打で右越え6号ソロ。「関西にはいい思い出がたくさんある。こっちのファンにいいプレーをみせたかった」。前夜にはレイニー夫人、トロット君と神戸牛に舌鼓。好物で英気を養い、「これからもっと打っていきたいね」と上機嫌だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月5日のニュース