ヘルマンV打に自画自賛「うまくはじき返せた」6度目猛打賞も

[ 2013年6月21日 23:23 ]

6回西武1死二、三塁、ヘルマンが中前に先制の2点打を放つ

パ・リーグ 西武2―0オリックス

(6月21日 西武D)
 西武のヘルマンが0―0の6回に決勝点となる適時打を放った。1死二、三塁でマエストリの速球を中堅へ運んで2者を迎え入れた。「打てる球をしっかり待って打てた。うまくはじき返せた」と自画自賛した。

 2、4回にも安打を放ち、今季6度目の1試合3安打以上をマーク。打率は3割3分5厘に上昇した。粘投の菊池を援護し「きょうは本当にいい日」とご満悦だった。

 ▼カーター(チーム復帰後初出場も無安打)「もう少し打席で我慢強さがないといけない」

 ▼林崎(3回にプロ初安打となる中前打)「(次の)栗山さんにつなぐ意識しかなかった。気持ち良かった」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月21日のニュース