オリ 菊池攻めるも一本出ず、指揮官「攻め込む強さを持たないと」

[ 2013年6月21日 22:58 ]

パ・リーグ オリックス0―2西武

(6月21日 西武D)
 オリックスは4回まで毎回安打で菊池を攻めたが得点を奪えなかった。森脇監督は「ここぞという所で攻め込む強さを持たないと」と拙攻続きの打線に顔をしかめた。

 1回無死一塁では川端が送りバント失敗。4回は後藤がけん制死。後藤は2回1死二、三塁で3球すべて見逃しの三振に倒れており、7回に代打を送られた。指揮官は「個人を取り上げるのは本意ではない」とベテランをかばいながら「人のふり見てわがふり直せですよ」と全員に向けて警鐘を鳴らした。

 ▼オリックス・福良ヘッドコーチ(拙攻に)「好機で1本が出ないと苦しくなる」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月21日のニュース