ソフト上野 巨人戦で五輪競技復活へPR活動

[ 2013年6月21日 18:12 ]

 2008年北京五輪のソフトボールで日本の金メダル獲得の原動力となった上野(ルネサスエレクトロニクス高崎)が、五輪競技復活に向けてPR活動を行った。

 野球・ソフトボールは20年夏季五輪で実施する残り1競技の最終候補の一つ。入場口でチームメートとともにチラシを来場者に手渡した上野は「たくさんの方に、復活できるように協力していただきたい」と強い思いを口にした。

 巨人・原監督、中日・高木監督とも練習中に言葉を交わした。上野は「五輪に復活することが一番の目標だと話をした」と語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月21日のニュース