西武・菊池 7回無失点で8勝目、オリックスは拙攻で0封負け

[ 2013年6月21日 21:29 ]

8勝目をマークした西武・菊池

パ・リーグ 西武2―0オリックス

(6月21日 西武D)
 西武の菊池が7回を無失点に抑え、今季8勝目を挙げた。

 両軍無得点で迎えた6回、西武は1死二、三塁でヘルマンが中前2点適時打を放ち均衡を破った。菊池は4回まで毎回走者を許し、制球も安定しなかったが、要所で三振を奪うなど粘り強い投球。7回まで122球を投げ、5安打7奪三振で、最後はリリーフ陣が締めた。菊池は楽天・田中の9勝に次ぐリーグ2位の勝ち星となった。

 オリックスは4度先頭打者が出塁するなど、再三好機がありながら得点できず、4月25日以来の1軍登板となったマエストリを援護することができなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月21日のニュース