大分・藤蔭高の野球部監督辞任 部内暴力で引責

[ 2013年6月21日 06:00 ]

 藤蔭高校(大分県日田市)は20日、2年生の野球部員が1年生部員に暴力を振るった問題を受け、野球部の原秀登監督(40)が辞任したと明らかにした。

 同校によると、原監督が学校側に辞任の意向を伝えていた。立川一郎部長が監督を兼任し、原監督は副部長として野球部に残る。同校は、7月6日に開幕する全国高校野球選手権大分大会への2年生部員全35人の出場を取りやめることになった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月21日のニュース