三嶋好投もプロ初勝利逃す 2度のバント失敗悔やむ

[ 2013年5月27日 06:00 ]

<D・ロ>7回2死、今江に本塁打を打たれた三嶋

交流戦 DeNA1-4ロッテ

(5月26日 横浜)
 DeNAの新人右腕・三嶋が8回2失点と好投したが2敗目。先発4戦目でもプロ初勝利を逃した。

 最速151キロの直球を主体に8三振を奪ったが「結果が駄目。(7回の今江の本塁打は)投げた瞬間にしまったと思った」と反省。打撃でも3回の送りバント失敗に続き、5回1死一、三塁でもスクイズ失敗で投飛併殺に。「成功していれば流れが変わっていた」と自分を責めた。3戦連続で8回を投げきったルーキーに、中畑監督も「いい投球をしているうちに勝ちをつけてあげないと。5併殺で打線が勢いをつけられなかった」と唇をかんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月27日のニュース