栗山監督 大差の展開嘆く「もう少し緊張した中で…」

[ 2013年5月27日 06:00 ]

<神・日>1回裏1死一、二塁、大谷は新井良の右前を処理して本塁に送球するも間に合わず生還を許す
Photo By スポニチ

交流戦 日本ハム1-7阪神

(5月26日 甲子園)
 大谷と藤浪のプロ初対決を見守った日本ハムの栗山監督は「もう少し緊張した中で勝負させてやりたかった」と振り返り、初回に6点のビハインドを背負う大差の中での試合展開を嘆いた。

 スポーツキャスター時代を含め、2人が高校生だった時から見ており「正直この立場ではなく見たかった」と本音も漏らしていた指揮官。4勝目をプレゼントした藤浪には「強い球を持っていて素晴らしい投球だった。もともと19歳とは思っていないから」と賛辞を贈った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月27日のニュース