大阪桐蔭先輩の意地 中田、藤浪から二塁打

[ 2013年5月27日 06:00 ]

<神・日>2回無死、中田は藤浪から左中間二塁打を放つ

交流戦 日本ハム1-7阪神

(5月26日 甲子園)
 日本ハムの中田が同じ大阪桐蔭出身の藤浪との初対決で、先輩の意地を見せた。

 2回、先頭で迎えた第1打席で149キロ直球を振り抜き、左中間への二塁打。「速い球を打とうと狙っていた。球筋は分からなかったけど、何とか打った」と振り返った。しかし、その後は2打席ともに三ゴロに倒れ「いい感じに球が動いていて打ちにくかった。直球よりツーシームが打ちにくかった」と評し、4勝目をマークした後輩を称えた。

 ▼日本ハム・武田勝(4回12安打を浴び自身ワーストタイの7失点KO)初回の6失点が全て。あれで試合を壊してしまった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月27日のニュース