阪神の新外国人ボイヤー「巨人を倒し、優勝するために来た」

[ 2013年5月27日 18:04 ]

入団記者会見で阪神・中村勝広GM(左)と笑顔を見せるブレイン・ボイヤー投手

 阪神の新外国人で救援陣の一角に期待されるブレイン・ボイヤー投手が27日、兵庫県西宮市内の球団事務所で入団記者会見し「巨人を倒し、優勝するために来た。どんな役割でもこなす」と抱負を述べた。

 今季いっぱいの契約で報酬は40万ドル(約4千万円)、背番号44に決まった。ブレーブスなどで米大リーグ通算233試合に登板し、最速99マイル(約159キロ)の直球が武器という191センチの長身右腕。中村ゼネラルマネジャーは「直球に角度があり、腕の出どころが見にくい」と評した。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月27日のニュース