村田懲罰交代+代役小笠原もブレーキで原監督ガッカリ

[ 2013年5月27日 06:00 ]

<巨・オ>1回終了で交代となり、ベンチで険しい表情の村田

交流戦 巨人5-5オリックス

(5月26日 東京D)
 普段は足を止めて取材に応える巨人の村田が、東京ドームの通路で立ち止まることはなかった。初回でベンチに退いた理由を問われ「何も言われていないです」。体調への問いにも「(問題)ないです」と厳しい表情だった。

 初回を終えたばかりで「村田に代わり、ファースト小笠原」のアナウンス。懲罰的な交代は明らかで、原監督は「心技体ともに準備ができていなかったという判断のもと、そういう用兵になった」と説明した。村田は初回2死走者なしからバルディリスのゴロを失策し、先制点につなげられた。その裏の攻撃では阿部の右中間2点二塁打で逆転し、なおも2死一、二塁の場面。2ストライクから高めのつり球で空振り三振を喫し、直後に交代を告げられた。

 昨年も9月7日ヤクルト戦(神宮)で2打席凡退した後、2回の守りから交代させられた。不振にあえぎ、原監督にはリフレッシュさせる意味合いがあった。だが、今季は打率・285。川相ヘッドコーチは「挽回の場面がすぐに回ってきて、取り返してやろう、打ってやろうというものが見えなかったということでしょう」と厳しかった。

 村田の「代役」で出場した小笠原も精彩を欠いた。6回に中前打を放ったが、同点の8回1死三塁で空振り三振。延長10回1死一塁でも二ゴロ併殺に倒れ、原監督は嘆く。「ガッツもいい場面でね。何とかアピールしてもらいたいという中でなかなか出ないしね」。1軍昇格後は12打数3安打。同じ一塁には新外国人のロペスが定着しており、DH制のある交流戦がアピールの場。「打ちたかったけどうまくいかなかった」と厳しい表情で球場を後にしたが、残されたチャンスは少ない。

 今季最長の4時間45分を戦い、2度リードされても追いついた。しかし、3度目の引き分けで両リーグ30勝一番乗りもお預け。「緊張感を持った状態でチームを動かしたい」という原監督の用兵も実らなかった。

 ▼巨人・坂本(7回2死二塁。3ボールから同点の6号左越え2ラン)思い切っていこうと思っていた。なかなかチャンスで打てなかったので良かった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年5月27日のニュース