“変幻”栗山監督「種まきの時期は終わったからね」

[ 2012年6月21日 06:00 ]

 再開するリーグ戦で、日本ハム・栗山監督が変幻采配を振る。

 開幕当初はバントを多用せず、機動力を使った攻撃野球を展開。交流戦では「相手を知らないから」と一転、初回からバントするなど手堅い野球を実践してきた。「勝つための確率を良くするためにどうするのかを見極める。種まきの時期は終わったからね」として、再開するリーグ戦では状況に応じて積極性と手堅さを使い分ける。現在、首位のロッテとは1ゲーム差。「がむしゃらに勝ちにいきたい」と意気込んでいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年6月21日のニュース