青木17試合ぶり“休養”…指揮官が配慮「ガス欠みたいなもの」

[ 2012年6月21日 07:21 ]

ブルージェイズ戦に勝利し、笑顔のブルワーズ・青木(左)とウィークス

インターリーグ ブルワーズ8―3ブルージェイズ

(6月20日 ミルウォーキー)
 ブルワーズの青木は20日、ミルウォーキーで行われたブルージェイズ戦で9回の守備から左翼に入り、打席には立たなかった。チームは8―3で勝利。

 青木は1日以来17試合ぶりに先発を外れ、9回だけ守備に就いたが「あれくらいは出場したうちに入らないくらい」とポツリ。ここ2試合は10打数1安打と振りが鈍っていた。21日も試合がなく、青木は「いい休養だと思う。連戦続きでコンディションを整えることが難しい部分があった」と前向きに捉えた。

 レネキー監督は「ガス欠みたいなもの」と話し、前日までの8連戦にフル出場していた青木の体調を考慮した。青木は「練習の量を(減らすように)もう少し考えないと。シーズンを乗り切っていく上で、大切なことだと思う」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年6月21日のニュース