井川 七夕に1軍合流へ 42日ぶり2軍で1回無失点

[ 2012年6月21日 06:00 ]

<オ・ソ>オリックスの井川は1回をわずか7球、3人で抑え回復をアピール

ウエスタン・リーグ オリックス7―2ソフトバンク

(6月20日 神戸第2)
 七夕合流だ!オリックスの井川慶投手(32)が20日、ウエスタン・リーグのソフトバンク戦(神戸第2)で実戦復帰を果たした。右太もも裏の違和感で4回途中降板した5月9日ソフトバンク戦(ほっと神戸)以来、42日ぶりのマウンドは1回無失点。7・7ロッテ戦(QVCマリン)での1軍復帰へ前進した。

 再出発の一歩を力強く踏み出した。先頭の中西を初球、141キロ直球で中飛に仕留め、続く李杜軒(リートゥーシェン)も1球で二直に。中村は外角低め121キロスライダーで二ゴロに封じた。「結果は別として試合で投げることができたのが収穫。しっかり投げることができた」。全7球に充実感がにじんだ。

 次のステップも決まった。見守った岡田監督は「わかさで投げるよ。中3日でな」と言及。24日のウエスタン・阪神戦(わかさスタジアム京都)で3イニング程度を予定。ここで順調なら30日のウエスタン・中日戦(ナゴヤ)で先発し、1軍合流となる運びだ。7月7日のロッテ戦が有力になる。井川は「全体的に底上げできている。(1軍は)なるべく早く」と言葉に力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年6月21日のニュース