イチロー 快挙翌日は1安打 川崎はノーヒット

[ 2012年6月21日 08:49 ]

ダイヤモンドバックス戦の3回、左前打を放つマリナーズのイチロー

インターリーグ マリナーズ10―14ダイヤモンドバックス

(6月20日 フェニックス)
 マリナーズのイチローは20日、フェニックスで行われたダイヤモンドバックス戦に「1番・右翼」で出場し、5打数1安打だった。内容は空振り三振、左前打、中飛、遊直、空振り三振で、打率は2割6分4厘。チームは10―14で敗れた。

 マリナーズは敗れたものの打線は好調で、14安打で10点を奪った。しかし前日にメジャー通算2500安打を達成したイチローは5回の中飛、7回の遊直など勢いのある打球を飛ばしたが、1安打に終わった。

 川崎は「8番・二塁」で、3打数無安打だった。内容は遊ゴロ、一ゴロ併殺打、見逃し三振で、打率は1割7分9厘。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年6月21日のニュース