8年目の定岡 プロ初スタメンでうれしいプロ初安打

[ 2012年6月21日 06:00 ]

<楽・D>6回無死、楽天・定岡がプロ初安打となる二塁打を放つ

交流戦 楽天2-6DeNA

(6月20日 Kスタ宮城)
 DeNAに完敗も、収穫は今季から加入した楽天・定岡だった。過去にソフトバンク、ロッテを戦力外となった25歳は、プロ8年目の1軍初昇格で8番・右翼で先発出場。

 3回の初打席は3球三振も、6回はプロ初安打となる左翼線二塁打を放った。南海で活躍した定岡智秋氏の次男。「(プロ初安打は)素直にうれしい。緊張すると思ったけどそんなにしなかった」。わずか5安打で敗戦した星野監督も、定岡については「チャンスがあれば使う」と今後も起用する方針だ。

 ▼楽天・美馬(5回10安打5失点で2敗目)そんなに調子は悪くなく、いい当たりもなかった。しようがないです。

 ▼楽天・岡島(新人で6回からプロ初出場)緊張はしたけど(捕手として)自分が思っていた通りのリードはできた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2012年6月21日のニュース