ヤクルト 石川乱調KO 8連勝中の“カモ”にやられた

[ 2012年4月12日 07:57 ]

<ヤ・D>3回途中7失点でマウンドを降りる石川(右)

セ・リーグ ヤクルト0-7DeNA

(4月11日 神宮)
 ヤクルトのエース・石川が序盤から大乱調。3回途中7失点で降板し、今季2敗目を喫した。「情けない。悪いなりにやりようはあったと思う」。

 DeNAに対しては8連勝中と相性が良かったが、初回に2失点すると3回にも小池に左越え3ランを浴びるなど歯止めがきかなかった。雨の影響で持ち前の制球力も影を潜めたが、荒木チーフ兼投手コーチは「雨は言い訳にならない」と厳しかった。

 ▼ヤクルト・宮本(2回に6試合ぶりとなる中前打)そこまで調子は悪くないけど(ここ数試合は)球の見極めができていなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年4月12日のニュース