マエケン 2死から3連打で失点「あの回を抑えていれば…」

[ 2012年4月12日 22:24 ]

7回阪神2死一、二塁、代打桧山に同点打を浴び肩を落とす広島・前田健

セ・リーグ 広島1―1阪神

(4月12日 マツダ)
 前回登板でノーヒットノーランを達成した広島の前田健は6回まで4度も先頭打者を出すなど「状態は良くなかった」と言う。それでも要所で粘り、2試合連続の完封も見えてきた。

 だが7回、2死走者なしから3連打を浴びて追い付かれた。「あの回を抑えていれば勝っていた」と歯がゆそう。連敗も止められなかっただけに、エースは「絶対に勝たないといけないところ。こういう試合で勝てる投手になりたい」と一層の奮闘を誓っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年4月12日のニュース