青木、代打でしぶとく四球 次戦は初のスタメン出場

[ 2012年4月12日 06:00 ]

<カブス・ブルワーズ>6回、代打で出場し、四球を選んだブルワーズ・青木

ナ・リーグ ブルワーズ7―4カブス

(4月10日 シカゴ)
 ブルワーズの青木は3点リードの6回、代打で四球を選んだ。

 追い込まれても慌てずにボール球を見極め、持ち前のしぶとさを発揮。試合開始時の気温は約4度で、大半が防寒用マスクを頭からかぶる中、髪を短くした青木は「いつも通りにしたかった」とマスクなしで臨んだ。試合後にはロン・レネキー監督から11日(日本時間12日)のカブス戦での初の先発出場を伝えられ「一つ一つ集中してやりたい」と表情を引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年4月12日のニュース